地球人になろう。
Home
 

歴史ロマン海道2017春~広島(尾道)→神戸編~レポート

2017年5月9日(火)~12日(金)

帆船みらいへで航く、歴史ロマン海道2017春
万葉故地と瀬戸内の多島美を辿る帆船の旅

尾道~村上水軍博物館~来島海峡潮流体験~今治~鞆の浦~牛窓~家島~明石海峡~神戸

 

今回は全日程平日でしたが、なんとか予定をあけて乗船下さったゲストクルーの皆さまと航海へ出ました◎

集合は尾道駅前!そこからバスに乗って橋の上から海を見学するところからスタートです◎
そして、向かった先は村上水軍博物館!「海賊=物を盗っていく攻撃的な船乗り」のイメージを払拭する学びがありました!

RIMG8307 RIMG8311

そして、潮流体験の船に乗り込み出港です!
みらいへから見るより間近に潮の流れを感じます!!!昔の船はエンジンも無しにこんな所を通っていたなんて・・・驚きです!
造船所も見学できました。

RIMG8326 RIMG8334

潮の流れが強い所ではおいしい魚も獲れます!
それを満喫できる昼食をいただきます◎

RIMG8338

そのまま、バスで来島海峡を見学しながらみらいへに乗船です!

いざ神戸に向けて出港ー!
ですが、まずは弓削島の沖に錨を入れて、
夕食はみんなで自己紹介を交えながら楽しくおいしくいただきました◎

RIMG8349

2日目は朝に抜錨をし、阿伏兎ノ瀬戸を見学して鞆の浦と仙酔島の間に投錨して上陸です!
船に戻って、バウスプリットに渡ってリラックスした後はこのあたりの伝統漁法「鯛網」を見学しました

KIMG1310 KIMG1314

鯛網で歴史を感じた後はみらいへも帆船!大航海時代を想って風を受けます!

RIMG8359 RIMG8361

そして、夕方になり夕日がとってもきれいで、みんなでデッキに出て眺めました。
夕日と瀬戸大橋と大きな満月が楽しめました。

RIMG8374 KIMG1316 RIMG8375

日の出と共に錨を上げて、牛窓へ向けて航海は続きます!
RIMG8379

牛窓に到着したら、「瀬戸内のエーゲ海」をマストの上から堪能しました!絶景!

KIMG1320 KIMG1324

KIMG1323 RIMG8390

そして、牛窓の歌碑を巡って街を散策して抜錨し、

みらいへバックヤードツアーへ出発です!

RIMG8386 RIMG8387

そして、夕方には万葉集について教わって、楽しい時間を過ごしました。

RIMG8400 RIMG8403

夜は実習生が主体となって、家島諸島を一周です!

最終日の朝は朝食前上陸という事で、家島へ上陸です。
この島も遣唐使達が立ちよった歴史があり、たくさんの資料があります。
RIMG8414 RIMG8424 RIMG8427 RIMG8426

朝食をいただいた後は、神戸に向けてラストスパートです!!
セイルを張って~

RIMG8428 RIMG8437 RIMG8444 RIMG8455

ヘルムで舵を取って~

RIMG8459 RIMG8463

海図を読んで~

RIMG8461 RIMG8462

神戸に近くなってきたのでセイルを閉じて、ガスケットをします

RIMG8465 RIMG8464

完璧な仕上がりに記念に一枚

RIMG8466

毎日、充実した時間を過ごした航海もこれでおしまい。。。
神戸入港です。

RIMG8468

本当に、あっという間の航海で充実していた日々でした!
この歴史ロマン海道の航海には、歴史が好きな方とみらいへが好きな方が航海を共にするので、航海が終わる頃に「どちらも更に好きになる」と言って下さるゲストクルーの方がおられました。
私は、それを聞いてほんまやなぁ~としみじみして体中が嬉しかったです!
今回の春の航海(博多~広島・広島~神戸)は昨年の航海に乗船くださって、船に「帰って」来て下さる方も多く終始ニヤニヤとたくさんのお話しができたのも嬉しくて、航海が終わるのが惜しかったです。

こんな素敵な航海ができたのも、奈良大学文学部の上野教授と大阪・奈良歴史街道リレーウォーク実行委員会の皆様が協力してくださらないと成り立ちませんでした。

本当にありがとうございました!!!!!!!!!!!!

 

皆様とまた、航海できる日を心待ちにしております。
そして、次の航海では今この航海記をご覧のあなたもぜひご一緒ください◎

「今」の海と「過去」の海を紐解いてみましょう!

 

レポート:やえ

 

 

Off 

2017/06/03 This post was written by Categories: MIRAIEよりみらいへの日常プログラム紹介レポート Comments are off for this post


Top