みらいへ

帆船みらいへ

セイルトレーニング

セイルトレーニングとは

セイルトレーニングとは、帆船による航海や集団行動、共同生活を通じて、決断力や責任感、コミュニケーション能力などを養う人間教育プログラムです。

1950年頃から世界で広く実施されており、その発祥は英国におけるアウトワード・バウンドスクール(0BS)とされ、その活動理念は様々な野外教育団体に受け継がれています。

セイルトレーニング

【船内活動の一例】
◇デッキウォッシュ
 ヤシの実等を使用して甲板を磨きます。
◇マストクライム(マスト登り)
 マストに自らの手足のみで登ります。
◇セイリング
 皆で力を合わせてセイル(帆)を操作し、帆走します。
◇ナビゲーション
 各々役割を担い、安全に航海します。
◇コミュニケーション
 船内での共同生活を通じて人間関係やコミュニケーションを学びます。
◇レクリエーション
 自ら企画し、楽しみながら学びます。

Copyright © 2016 一般社団法人グローバル人材育成推進機構  All Rights Reserved.