地球人になろう。
Home
 

串木野港レポート

2015年11月6日(金)~9日(月)
鹿児島県いちき串木野市
串木野新港

第30回国民文化祭鹿児島

薩摩藩英国留学生フェスティバル~薩摩スチューデント150年目のメッセージ~

11月7日(土)
黎明祭での発表が薩摩藩英国留学生記念館で行われている中
みらいへは当時、薩摩スチューデントが待っていた機帆船のように羽島崎から姿を現し、

IMG_5173 IMG_5178
幕末期の薩摩藩英国留学生さながらに羽島の小・中学生30名が乗り込んできました!

RIMG0742RIMG0754
そして、薩摩英藩国留学生記念館と薩摩スチューデントが旅立った瀬を背にしてセイルを張って出港です!
この日は風も強く、息を合わせないとセイルはなかなか広がりませんが徐々に息もあってきて無事セイルを張ることができました◎

RIMG0756
羽島沖から、新港に戻ると行列ができていて、体験航海のチケットはあっという間になくなっていました。
チケットを手にできた、ラッキーなゲストの皆さんとセイリングやロープワークを楽しみました◎

RIMG0772
夜にはデッキに約100名の方がお越しになり、船上演奏もあり大盛り上がりとなりました。

IMG_5195

そして、花火も上がり、みらいへのイルミネーションとのコラボレーションも見ることができました!

DSC_3800DSC_3825

8日の朝には一般公開を待つ行列ができています!
午前中は前線の通過に伴う強風で出港する事ができなくなってしまいましたが、
その分たくさんの方に船内の見学といろいろな体験をしていただくことができました!
その中でも、エンジンルーム見学ツアーはどの回もあっという間に満席となっていました。

午後には、風も落ち着いて出港することができましたが、港外はうねりが大きく東シナ海を体全体で感じることとなりました。
しかし、これも海に出ないと経験できませんし、防波堤のありがたみを改めて感じることとなりました。。

1447039927655 IMG_1561
一般公開や体験航海でたくさんの方とお話しをさせていただいた中で、
気候も暖かでしたが、それ以上に人柄が暖かかったなと感じました。

次回寄港の際には今回乗船できなかったたくさんの方とも航海できると嬉しいなと思います!

今回の寄港を成功させて下さった串木野港のゲストの皆さん、そしてみらいへを呼んで下さった第30回国民文化祭鹿児島県実行委員会の皆さま。

本当にありがとうございました。

 

レポート:やえ(大谷彩恵)

 

Off 

2015/11/17 This post was written by Categories: MIRAIEよりレポート Comments are off for this post


Top