地球人になろう。
Home
 

ニューイヤーカウントダウン航海 レポート

2015年12月31日(木)~2016年1月1日(金・祝)

一泊二日 カウントダウン航海

2015年から2016年に替わるカウントダウンをみらいへで!と言う事で、日本らしい年末の行事と帆船らしい行事、そしてカウントダウン!

年のはじめの~ということで○○始めも行いました!

まずは、船がお正月バージョンです◎

KIMG2366DSC_3995

バウ渡り納め、ルーズガスケット納めの様子です。

天気がいい!暖かい!風がない!

RIMG1290RIMG1273

と、思いきや・・・

追い風が吹いてきたのでトップスルを張って帆走です◎

RIMG1294

心地よい 帆走の中、マストクライムに挑戦です!!!

マスト登り納め。。。

RIMG1302RIMG1293

そして、お正月といえばおもちが必要ですよね!?

デッキで、2015年みらいへもちつき大会の開催です!!!

RIMG1348 RIMG1343

みんなで、交代しながらおいしくなれ~と気持ちを込めておもちをつきました!

「おいしい!!!」

RIMG1400DSC_3994

おもちを食べていると・・・帆走距がかなり長くなってきました!

「こりゃ、日が沈むまでに神戸港へ戻れない・・・」という事で、セイルを畳んでエンジンの力を使っていざ、神戸港へ!!!

RIMG1402

というのも、普通に走るわけではありません!ゲストクルーの皆さんが舵をとります◎

RIMG1403RIMG1404

無事、神戸港内に錨を入れてカウントダウンに備えます。

日も暮れて、夕食の時間です♪

2015年に感謝の気持ちを込めて「乾杯~♪」

RIMG1406

夕食の後は、みんなで2015年を振り返りました。たっくさんの笑い声であっという間の時間で、最後には干支の交代式が行われました!・・・わかりますかね???

RIMG1410

そして、メスルームではモンキーチェストやロープを使っためでたい結び講座が行われ、年越しそばが振る舞われ、

デッキでは星空観測会が行われ、2015年をめいいっぱい楽しみました◎

そして、そして!カウントダウンは、デッキで!ブリッジで!!!

新年をお知らせするのは、汽笛とタイムベルです◎

神戸港の船は全部の船が汽笛を鳴らすので、とっても珍しい空気感でした!!!

その後は、スパークリングワインで乾杯して2016年のスタートです◎

DSC_4002RIMG1413

少し休んで、朝が来ました。

初日の出を見るためにまだ寒いデッキで、待ちます!

太陽が出てきた瞬間は本当に感動しました!

RIMG1423

そして、辺りを見渡すと一隻のヨットが!

RIMG1424

初日の出を見る航海なんて、素敵ですね☆近くまできてくれたのでどこから来たのか?や今日は帆走するのか?などとお話をして、いい写真があればぜひ見せて下さい~と話して、離れました。その写真が届きましたのでここでも紹介させていただきます!

「ヨットcosmosと初日の出」 そして  「みらいへと初日の出」

RIMG1426IMG_4090

そして、みらいへ流おせちとお雑煮をいただいて、みんなで初詣です!

そして、今日もセイルを広げます◎「ルーズガスケット始め」「ロープ引き始め」

RIMG1435RIMG1476

心地よい航海中にお次は「マスト登り始め」に挑戦です!!

RIMG1454

上に登ったと思ったら、エンジンルーム見学ツアーへ出発です!

ツアーを案内するのはたけやんです。

RIMG1441

ツアーでいろいろ見て、お腹がすいたなぁ。。。というところで「みらいへカレー始め」でお腹もいっぱいになったところでお正月らしい遊びを◎

「凧揚げ」 と 「申を作って登らせよう」

写真では、何をしているのやら・・・ですが、とっても楽しくて心地いい時間でした。詳しく知りたい方はぜひみらいへでリクエストして下さいね◎

RIMG1475 RIMG1465

楽しい時間はあっという間です。

セイルを畳んで、下船式の時に2015年の帆走納めを記した航跡図を用意したのに・・・ない!?申年・・・・・・サル!?航海中に出現していたウッキーの仕業!という事で大捜索です!

「いたーーーーーー!」 なんと、モンキーステップを登ったところに居ました!さすがサル・・

RIMG1477

めでたしめでたし・・・という事で、集合写真を撮ってそれぞれの2016年をスタートさせました。

 

RIMG1501

イベントたっぷりの2日間。

2016年も、楽しく充実の年になる!と早くも感じたスタートでした。

本年もよろしくお願いいたします。

 

レポート:やえ

Off 

2016/01/22 This post was written by Categories: MIRAIEよりレポート Comments are off for this post


Top