地球人になろう。
Home
 

2016年ドックレポート ~その1~

2016年1月28日~2月16日

年に一回の集中整備ということで、ドック(造船所)に入りました。(車でいう車検。人間でいう、人間ドックのような感じです。)

今回からは、その様子をお伝えします◎

お世話になったのは広島県尾道市向島にあります「向島ドック株式会社」です!

http://www.dock.co.jp/index.php

 

1月28日、朝早い時間にも関わらずドックの皆さんを乗せたタグボートがやってきました!

そして、ここからはドックマスターをはじめとするドックの皆さんにお任せでタグボートに押したり引いたりしてもらい、みらいへはドックへ!

 

DSC_4143  IMG_5470

ドックへ到着しました。

ドックには、大きなクレーンがありみらいへを探せ!のような状態ですね・・・笑

DSC_4151 DSC_4150

到着したら、ドックに滞在できる時間は限られている為早速作業の準備が始まりました!

ハンドレールや木甲板や船内を傷つけてしまわないように、ベニヤ板やシートで養生を行います。

いつもとは違った表情です。

RIMG1569 RIMG1621

私の中で「ドックといえばこの作業!」なのが溶接です。

くっつけたり切り取ったり・・・鉄でできた部分をより使いやすいように改造してもらいます◎

RIMG1562

木甲板の木と木の間にはピッチと呼ばれる隙間を埋めるものが入っているのですが、こちらも定期的に交換をします

RIMG1639

さて、こちらもドックならでは!

みらいへが水から上がります!!!

その準備が完成しました!一列に並んだ所番木に船底(ボックスキール)が乗って、周りにフォーメーションをとっているところにお腹の部分が乗ります!

RIMG1701 DSC_4341

職人さん達が計算し、調整して下さいみらいへが転ぶことなく安全にドライアップできる準備が整いました!!

ドライドックへは、またタグボートで移動です!

この時、船の操船を行うのはみらいへ船長のカンさんではなく向島ドックの事をよく知っている「ドックマスター」なのです!
DSC_4343 DSC_4344

船がドックヤード(水を抜いたり張ったりできる、これから作業を行う場所)に入ったら、ゲートを閉めて水をポンプで汲みだします。

DSC_4346

みらいへは、マストがあり背が高いことと、不安定な船型なので丸太でも支えてもらいます。

この時にドックヤードの真ん中に傾きなく真っすぐ船がいないと困るので、確認するためのものがあります。

RIMG1723 RIMG1724

さて、この後水を抜いてみらいへの船底の様子はその2でお伝えします◎

お楽しみに☆

 

レポート:やえ

Off 

2016/02/18 This post was written by Categories: MIRAIEよりレポート Comments are off for this post


Top