※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年最新】スターラックス航空の機内食!エコノミー・ビジネスクラス別に解説!

2018年創立のスターラックス航空は、台湾のフルサービスキャリアです。

LCCとは違った高級感あるサービスが魅力で、日本では成田、大阪、福岡、熊本、札幌、沖縄をはじめとする9空港に就航しています。

この記事では、スターラックス航空の機内食の情報やエコノミークラス・ビジネスクラスの機内食の口コミについてそれぞれ解説していきます。

この書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上
  • Yusukeのプロフィールはこちら

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジが無料
 初年度年会費無料

スターラックス航空の機内食は無料?

スターラックス航空では、機内食は全ての搭乗客に対して無料で提供されています。

スターラックス航空はラグジュアリーなサービス提供をコンセプトにしているため、低価格な料金&必要最低限のサービスを売りにしているLCCとは違ったサービスを受けられる点が特徴です。
台湾産のキャビアやミシュランで星を獲得している有名店とのコラボレーションメニューなどがあり、より高級感あふれる食事を楽しめます。
また、スターラックス航空では、オンラインの事前予約による特別機内食の利用も可能です。
特別機内食はベジタリアン、宗教食、子ども用メニュー、医療・ダイエットメニュー、その他の特別機内食、その他の食事制限の大きく6つに分かれています。

通常機内食のメニューは、航空券を購入後に「予約確認」から閲覧・指定予約できます。

出発予定時刻の24時間前(台中が発着地のフライトでは48時間前)までに済ませる必要がありますが、予約なしであっても全ての搭乗客に機内食が提供される仕組みです。

ただし、特別機内食のユダヤ教ミールのみ72時間前に事前予約が締め切られるので、希望する方は早めに手続きを済ませておきましょう。

スターラックス航空のエコノミークラス機内食

ラグジュアリーをテーマにしているスターラックス空港では、エコノミークラスでもハイレベルな機内食を取り揃えています。

ここでは、台湾⇔成田、関空、福岡、新千歳のフライトで提供されている機内食6つについて見ていきましょう。

コラボレーションメニューも写真付きでご紹介していくので、台湾旅行を予定している方はぜひ参考にしてくださいね。

チキンのパスタ

この投稿をInstagramで見る

 

よめ じゅん(@yome.jun)がシェアした投稿


スターラックス航空の大阪から台湾までの便では、洋食メニューとしてチキンのパスタが提供されています。

プレートいっぱいにスパゲッティが敷き詰められており、上には大きくカットされたチキンがのせられています。

チキンにもソースがたっぷりかかっているので、最後まで飽きずに食べられる満足度抜群のメニューです。

焼きそば

この投稿をInstagramで見る

 

えむ(@emumusan)がシェアした投稿


スターラックス航空のエコノミークラスで台湾から福岡まで搭乗するなら、焼きそばを選択肢に入れてみましょう。

日本人にもなじみ深い細麺の焼きそばで、全体にたっぷりとソースが絡められています。

錦糸卵や紅ショウガも付いており、海外で日本食が恋しくなった方にもピッタリ。

デザートにはリンゴやパイナップルなどのフルーツもあるので、お口直しもできるのが嬉しいポイントです。

カルビ丼

この投稿をInstagramで見る

 

KANA(@kana_mimitw19)がシェアした投稿


スターラックス航空の台湾発着便で提供されているのが、胡同特製カルビ丼です。

名店として知られる胡同焼肉とスターラックス航空のコラボレーションメニューで、「今まで食べた機内食の中で上位に入る美味しさ」「機内食以上のクオリティ」といった評判が多く寄せられています。

お肉と同じ味付けの野菜やもやしも入っており、ご飯がすすむメニューとなっています。

照り焼きチキン


新千歳から台湾までスターラックス航空に登場する場合、照り焼きチキンが食べられます。

プレートの半分には甘辛く味付けされたチキンが入っており、ご飯の上には煮物風のしいたけ、ニンジン、ベビーコーンがのっている日本人好みの機内食です。

チキンマサラカレー


スターラックス航空では、日本発・台湾行のフライトにてチキンマサラカレーが選べます。

ゴロゴロとした大きめのチキンが入っていて、さまざまなインドの香辛料が融合した旨味たっぷりの味付けが魅力。

ブロッコリーやニンジンなども添えられているので、炭水化物、タンパク質、野菜をバランス良く食べたい方におすすめのメニューです。

ビーフカレーとデミグラスソースのオムライス


ビーフカレーとデミグラスソースのオムライスは、日本から台湾まで搭乗する場合の機内食として提供されています。

メインはプレートの真ん中に入っているオムライスで、オムライスを隔てて片側にスライスビーフ付きのカレー、もう片方にはデミグラスソースというボリューム満点のメニュー。

かぼちゃのサラダと抹茶のババロアもセットになっているので、お腹いっぱい食べたい場合に最適です。

\世界中の空港ラウンジが無料で使い放題/

スターラックス航空のビジネスクラス機内食

ここでは、スターラックス航空のビジネスクラス機内食を写真付きで4つご紹介していきます。

ハンバーグ

この投稿をInstagramで見る

 

金 狼(@goldwolf1966)がシェアした投稿


台湾から関空までのビジネスクラスでは、機内食としてハンバーグを選べます。

ジューシーで肉厚なハンバーグは、「専門店の食事並みにレベルが高い」「機内食と思えないほど美味しい」と高評価を獲得しています。

パプリカ、コーン、ズッキーニ、玉子焼きなども一緒に添えられており、彩りも満点。

写真映えするラグジュアリーな機内食が食べたい方は、ぜひハンバーグを選んでみましょう。

すき焼き

この投稿をInstagramで見る

 

Shinichiro Iimura(@shin_iimura)がシェアした投稿


スターラックス航空の成田から台湾までのフライトでは、日本食のすき焼きが取り揃えられています。

お吸い物や色とりどりの小鉢も付いてくるので、料亭で食事をしているような気分を味わえる機内食です。

鶏モモ肉のフライとペンネパスタ

この投稿をInstagramで見る

 

ひろふみ(@1623.hirofumi)がシェアした投稿


関空発・台湾行のビジネスクラスで洋食を食べたいなら、鶏モモ肉のフライとペンネパスタがおすすめです。

プレートの上には、トマトとピーマンで味付けされた鶏モモ肉のフライと、バジル、ニンニク、オリーブオイルなどのソースと絡めたペンネパスタがのっています。

ゆで卵入りのグリーンサラダ、フルーツ、デザートも付いており、機内で手軽にイタリアンのフルコースを楽しめるメニューです。

カルビ丼

この投稿をInstagramで見る

 

Shinichiro Iimura(@shin_iimura)がシェアした投稿


スターラックス航空の台湾発・成田行のビジネスクラスで提供されているのが、カルビ丼です。

スターラックスでは分厚く切った牛肉がプレートご飯の上いっぱいにのせられています。

ネギなどの薬味やソースも付いており、街中の牛丼屋さんで食べる味付けとは違った高級感あふれる風味の牛丼を満喫できます。

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食・アルコール・シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使い放題できます。

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約70,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約70,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円も支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン ・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうやカフェラウンジNODOKAなど空港内にある施設を無料で利用できる点も魅力的!

これから夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなし!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約70,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・セゾンプレミアムレストランby接待日和が無料(通常:33,000円)

・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

 

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!
\初年度年会費無料/

まとめ

日本と台湾を行き来するなら、機内食の評判が良いスターラックス航空を利用してみましょう。

フルキャリアの中でも特にハイクオリティな機内食を取り揃えているので、単なる移動手段プラスアルファのラグジュアリーなフライト体験を楽しみたい方におすすめです。