本記事はプロモーションを含みます

【徹底解説】ANAマイルを使って韓国へ行く方法

日本人の海外旅行先として非常に人気の高い国が韓国。日本から約2時間半という短いフライト時間で異国の文化に触れることができます。

日本から近い国ですが、なるべく航空券の値段は安く済ませ、浮いたお金でショッピングを楽しみたいもの。

そんなときにおすすめの方法がマイルを使った特典航空券の予約!

そこで今回はマイルを使って韓国に行く際の基礎知識や特典航空券の注意点を中心にご紹介していきます。

この記事を書いた人

マイルの覇王運営者 Yusukeの顔写真

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上
  • Yusukeのプロフィールはこちら
  • Xにて旅のお得情報・ホテル情報を毎日発信中!
ANAカード新規発行者必見!

カード発行だけで最大5,500マイル獲得できるマイ友プログラムとは?

 

ANAマイルを使って韓国に行くための基礎知識

笑顔の女性

ANAマイルを利用して韓国に行くためにはどのくらいマイルが必要になるのか気になりますよね!

そこで、ここではマイルで韓国に行くための基礎知識を理解してもらいます。

まずは自分の旅行に行く予定が特典航空券のどのシーズンに当てはまるか確認しましょう!

以下の表をご覧ください。

ANAの特典航空券はローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンと3つのシーズンに分かれています。

例えば、韓国に旅行に行く日程が2022年4月1日~4月4日の3泊4日の場合、シーズンはローシーズン(L)となります。

次に日本から韓国に行くために必要なマイル数を確認しましょう!日本⇆韓国路線はZone2エリアとなっています。

以下の表をご覧ください。

必要マイル数表

利用クラスという項目があると思いますが、Yがエコノミー、PYがプレミアムエコノミー、Cがビジネス、Fがファーストクラスという意味です。

日本⇆韓国線はエコノミークラスとビジネスクラスの設定のみ。

例えば、先ほど挙げた例を用いると、2022年4月1日~4月4日の3泊4日の場合ローシーズンに該当するのでエコノミークラス往復の必要マイル数は12,000マイルとなります。ビジネスクラスの場合は25,000マイル。

また、補足としてANAが加盟しているスターアライアンスメンバーのアシアナ航空の特典航空券も予約可能です。

ANAマイルを使って特典航空券を予約する具体例

ここではANAマイルで韓国(ソウル)線の航空券を予約する場合の具体例を見ていきたいと思います。

エコノミークラスの場合

エコノミークラス特典航空券

東京⇆ソウル間を4月15日~ 4月18日で予約した場合、往復の航空券を予約をするために必要なマイル数は12,000マイルです。ただしマイルとは別に空港税などの手数料を支払わなければなりません。

アシアナ航空を利用する場合は15,000マイル必要になります。

スターアライアンスメンバーに加盟している航空会社(アシアナ)航空などの航空券を予約する場合は必要なマイル数がオールシーズン一律です。

つまり、ハイシーズンにANAで東京⇆ソウル間を利用する場合、必要なマイル数18,000マイルですが、アシアナ航空を利用すると、15,000マイルとなるのでお得に予約することができます。

ビジネスクラスの場合

ビジネスクラス特典航空券

エコノミークラスと同じ日程で検索してみるとビジネスクラスにも空席がありました。

こちらもローシーズンに該当するので必要マイル数は、25,000マイル。

たったの25,000マイルでビジネスクラスの体験ができるので、まだビジネスクラスを利用したことのない方はぜひ日本⇆韓国路線で体験してみることをおすすめします。

そして、アシアナ航空のビジネスクラスを利用する場合は、オールシーズン30,000マイルです。

ローシーズンに利用すると、ANAに比べて5,000マイル損しますが、ハイシーズンに利用すると、3,000マイルお得に搭乗することができますよ!

国際線の特典航空券を予約する場合の注意点

パソコンを見つめるカップル

ここでは国際線の特典航空券を予約する際に注意したいポイントをいくつかご紹介していきます。

片道の特典航空券の予約はできない

国内線の場合、1区間(片道)からマイルを利用して特典航空券を予約できますが、国際線の場合は片道のみの予約はできません。

一方でJALのマイルを使った国際線特典航空券は片道から予約することができるので非常に便利です。

フライトマイルは貯まらない

マイルを使った特典航空券の場合は、フライトマイルが貯まらないの注意してくださいね!

搭乗クラスは変更できない

ビジネスクラスの特典航空券を発券したけど、エコノミークラスの特典航空券に変更したい!という場合、ビジネス→エコノミーといった搭乗クラスを変更することはできません。

どうしても変更したい場合は、予約をキャンセルして再度特典航空券を取得する必要があります。

そして、予約をキャンセルする場合、手数料として3,000マイル発生します。マイルの価値は1マイルあたり2円~3円程度と言われているので6,000円~9,000円近くの手数料を支払うのと同じことなのでキャンセルする場合は慎重に考えるようにしましょう。

一方で日程の変更は空席がある限りで無料で行うことができます。

ただし、日程の変更によってローシーズン→レギュラーシーズンになった場合は追加でマイルを支払ったり、逆にレギュラーシーズン→ローシーズンになった場合はマイルが払い戻される場合があるので注意しましょう!

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食・アルコール・シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使い放題できます。

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約75,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約75,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円も支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円(税込))セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
・肉料理 やきすき やんま(3,400円相当のセットメニュー)
・Japanese Grill & Craft Beer | TATSU(3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン ・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
大阪国際空港 (伊丹空港) ・大阪エアポートワイナリー
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジ(大韓航空)など、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうやカフェラウンジNODOKAなど空港内にある施設を無料で利用できる点も魅力的!

これから夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなし!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

そのため、カード保有中は、空港ラウンジ・空港レストランを好きなだけ何回でも利用可能に!

プライオリティパス付きクレジットカードの比較表

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードはプライオリティパスだけでなく、下記のような魅力的な特典も付帯されています。

・初年度年会費無料
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル会員権が無料(通常:年会費9,900円)
・JALマイルの還元率が最大1.125%(SAISONマイルクラブへの入会(5500円税込)が条件)
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・国内ホテル・レストランの優待オントレ entréeが無料
・セゾンプレミアムレストランby接待日和が無料(通常:33,000円)

・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(月額132,000円×6ヶ月分)
・一休ダイヤモンド会員が半年間無料
・セゾンプレミアムセレクション by クラブ・コンシェルジュが無料(入会金220,000円、年会費198,000円)

・コンシェルジュサービス

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、
2025年より年5回までの利用制限になるため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは発行しないと絶対に後悔するクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額180万円以上の特典付き!
\初年度年会費無料/

マイルを利用して韓国の特典航空券を予約してみよう!

ロッテワールドタワー

今回はANAマイルで韓国に行く方法についてご紹介してきました。

韓国は日本から約2時間半で行ける日本から最も近い海外です。日本からの距離も近いので特典航空券を予約するために必要なマイル数も12,000〜と非常に少ないマイル数で行くことができます。

また、憧れのビジネスクラスも往復でたったの25,000マイル。ビジネスクラスデビューとしても韓国を利用することはかなりおすすめですよ!

ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね!