※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年版】マリオットマーキスクイーンズパークのクラブラウンジを徹底調査

バンコクのマリオット系列のホテルに宿泊する際に候補の一つになる「バンコクマリオットマーキス クィーンズ パークホテル(以下 バンコクマリオットマーキス)」

今回は2024年版バンコクマリオットマーキスのクラブラウンジの様子をおとどけしていきます。

「ラウンジ内の様子はどんな感じ?」「カクテルタイムのクオリティは?」などなど、宿泊を検討する上で気になる部分を2024年最新版でまとめておりますのでぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人

マイルの覇王運営者 Yusukeの顔写真

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上
  • Yusukeのプロフィールはこちら

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジが無料

\初年度年会費無料!/

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジの基本情報

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジへ入室できる方は下記の方です。

・クラブフロア予約の方
・スイートルーム予約の方
・マリオットボンヴォイプラチナエリート会員の方

私は今回、マリオットボンヴォイプラチナエリート会員として無料で利用できました。

マリオットボンヴォイプラチナエリート会員以上だと、本会員と+1名様まで無料で利用できます。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジのタイムテーブル

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジのタイムテーブルは下記の通りです。

クラブラウンジ営業時間 7:00~22:00
朝食 6:30~10:00(L.O9:30)
スナックアワー 12:00~17:00
アフタヌーンティー 14:30~16:30
カクテルタイム 17:00〜20:30(L.O20:00)
※アルコールの提供は17:30~20:30まで。
※朝食は1階レストランもしくはクラブラウンジの選択可能
バンコクマリオットマーキスの客室や朝食の様子は下記記事で詳しく解説しています。

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジは子供もアクセス可能?

結論、どの時間帯でも保護者の監督の下、アクセス可能となっています。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジ内の様子

それでは、クラブラウンジの中へ入っていきましょう。

クラブラウンジはホテル27階に位置しています。

ラウンジ内はやや天井が低いものの、広々とした空間です。

日中は人が少なく静かな雰囲気なのでワーケーションにも最適。

WiFiの速度もYouTubeなどをサクサク視聴できたので問題ないと思います。

ラウンジ内の座席数もかなり多いです。

ラウンジ内からの眺望はこんな感じ。

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジ内にはバルコニーも用意されています。

日中はかなり暑く、10分もいられません。

ですが、夜になると夜風を浴びながらバンコクの摩天楼の景色を楽しめるので非常におすすめです。

ただ、外の座席は喫煙可能でタバコを吸う方で溢れているので、タバコを吸わない方にとっては居心地が悪いかもしれません。

クラブラウンジのバルコニーからの景色はこんな感じ。

非常に開放感があります。

ラウンジオープン中提供されているドリンクやスナック

ビュッフェ台に日中置かれているスナック。

コーヒーマシーンやソフトドリンク。

ソフトドリンクの外への持ち込みは大丈夫でした。

ちなみに、日中の時間帯はアルコールの提供は行っていません。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジ フードプレゼンテーション

それではここからフードプレゼンテーションの全貌についてご紹介していきます。

スナックアワー

バンコク マリオットマーキスには、バンコクマリオットスクンビットのクラブラウンジのようにアフタヌーンティーの設定がありません。

その代わり、スナックタイムとして日中はフルーツやちょっとした小腹を満たす料理が提供されます。

私が滞在したときは、パッションフルーツやパパイヤ、スイカなど南国感を感じフルーツに加え、ガパオが挟まったパンが用意されていました。

翌日のスナックアワーではフルーツに加え、キッシュやソーセージが挟まったパイが提供されました。

ランチ代わりにはなりませんが、ちょっとした小腹が空いた際はぴったりのラインナップだと思います。

ちなみに、バンコクマリオットスクンビットでは、アフタヌーンティーが設定されており、サンドイッチやケーキなどの軽食をバイキング形式で楽しめます。

関連記事>>【2024年版】バンコクマリオットスクンビット|クラブラウンジ訪問レビュー

カクテルタイム

それでは続いて、お待ちかねのカクテルタイム。

まずはアルコール類。

ワインはフランス産の「Les Solstices」

ネットで調べてみると1本2000円程度するワインでした。

ミディアムボディでスルスルと飲めてしまいます。

もう1本はチリ産のワイン。

白ワインは2種類。

私が宿泊した日はスパークリングワインの用意はありませんでした。

ワインがグラスからなくなると、スタッフの方がやってきて、「おつぎしましょうか?」と言っていただました。

日本ではこういったサービスを体験したことはないので、嬉しく、ついついおかわりしてしまいました(笑)

カクテルコーナーもあり、スタッフの方にリクエストすると、お好みのカクテルやモクテルを作ってもらえます。

一口サイズのカナッペメニューは、生ハムとクリームチーズを乗せたラスク、エビのサラダ、シーザーソースで味付けした春巻きでした。

どれもお酒が進むカナッペでした◎

チーズ、スモークチキン、ハムなど。

フルーツやサラダ。

ヤンニョムチキン。

ビールやワインがすすみます!

ミートボール。

ピタパン。

中央の調理台では、シェフの方がグリーンカレーを提供していました。

ご飯系があるので一気にカクテルタイムも満足度が上がりますね!

コーンスープ。

デザート系もしっかりと用意されています。

ブルーベリーチーズケーキ、バナナケーキ。

パッションフルーツのメレンゲ。

ベリーのケーキ。

以上がカクテルタイムのラインナップになります。

カクテルタイムは色々な料理やアルコールが用意されており、満足度は高かったです。

十分ディナー代わりになるラインナップだと思います!

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

朝食

朝食はクラブラウンジもしくは1階にあるレストランにてビュッフェ形式でいただけます。

ホテル朝食の定番であるソーセージやカリカリベーコン、グリル野菜など。

サラダコーナー。

ハムやスモークサーモンなどが用意されています。

エッグステーションもあります。

エッグベネディクトやオムレツをその場で作ってもらえます。

スープやおかゆ。

特に手羽先やネギが入ったチキンスープが超絶絶品なのでラウンジで朝食をいただく際はぜひ食べてみてください!

バンコクはインディアンも多いので、インド料理もしっかり用意されています。

パンコーナー。

デニッシュ系のパンがずらりと並びます。

ナッツやシリアル。

フルーツはスナックタイムに提供されるパッションフルーツやパパイヤ、スイカなどが並びます。

マンゴーの用意があれば嬉しかったです(泣)

ヨーグルトやミューズリーなど。

以上がクラブラウンジで提供されていた朝食のラインナップになります。

品揃えに関しては圧倒的に1階のレストランですが、かなり人が多くゆっくりと過ごせないため、品数は減るものの、静かな環境でゆっくりと朝食を楽しみたいといった方はクラブラウンジ内での朝食をおすすめします。

1階の朝食ビュッフェについては別記事でご紹介いたします。

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食・アルコール・シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使い放題できます。

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約70,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約70,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円も支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
・肉料理 やきすき やんま(3,400円相当のセットメニュー)
・Japanese Grill & Craft Beer | TATSU(3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン ・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうやカフェラウンジNODOKAなど空港内にある施設を無料で利用できる点も魅力的!

これから夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなし!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約70,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・セゾンプレミアムレストランby接待日和が無料(通常:33,000円)

・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

 

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額180万円以上の特典付き!
\初年度年会費無料/

バンコク マリオットマーキスのクラブラウンジは居心地が良い

今回はバンコク マリオットマーキスのクラブラウンジレビューをおとどけしてきました。

ラウンジ内の居心地は非常に良く、マリオットプラチナエリート以上の会員の方でバンコクにホテルステイを検討されている方はマストで宿泊していただきたいホテルだと思いました。

また、宿泊に必要なポイント数も20,000pt程度と日本国内のマリオットブランドのホテルと比較すると安価に宿泊できるのでポイント宿泊もおすすめです。

あわせて読みたい記事はこちら