※こちらのページはプロモーションを含みます。

タイ航空B747ビジネスクラス搭乗記|ジャンボジェットの乗り心地は最高!

日本の空港ではあまり見かけることが少なくなったB747(通称ジャンボジェット)。保有している航空会社も減少している中、まだ現役で運行を続けている航空会社がタイ国際航空。

今回は、バリ島からバンコクに向かう際に、タイ国際航空のB747-400のビジネスクラスに搭乗してきました。約4時間と短いフライトでしたが、有意義な時間を過ごせました。

今回は搭乗記としてシートや機内食の内容をご紹介していきます。

この書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上
  • Yusukeのプロフィールはこちら

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジが使い放題!
初年度年会費無料の最強クレカ!

チェックイン

ロイヤルシルククラスチェックインカウンター

今回はロイヤルシルククラスに搭乗するためビジネスクラス専用のチェックインカウンターで搭乗手続きを済ませます。

チェックインカウンターで乗り継ぎ便のボーディングパスまで発券してもらい、あっという間に手続き完了。

エコノミークラスのチェックインカウンターの方は長蛇の列ができており、普通に並ぶと30分以上かかる雰囲気でした。

ラウンジは想像以上にがっかりした...

プラザラウンジで提供されている軽食

タイ航空のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)を利用する場合、プラザラウンジを利用できます。

デンパサール国際空港の場合、航空会社が運営するラウンジはガルーダ・インドネシア航空のラウンジのみです。その他の航空会社のビジネスクラス、ファーストクラスを利用する方はプライオリティパスで利用できるラウンジになります。

ラウンジで提供されている軽食

そのため、ラウンジのクオリティは低め。今回はスムーズに出国することができたため、ラウンジでゆっくりしようと思ったのですが、居心地が悪く早々に退散しました。

\世界中の空港ラウンジが無料で使い放題/

タイ航空B747ビジネスクラスに搭乗

待合室からみたタイ航空B747

ラウンジを早々に退出し、お土産屋さんをぶらぶらしていると、搭乗開始時刻となりました。事前搭乗を利用していよいよ機内に搭乗します。

ビジネスクラスシート

こちらがタイ航空B747-400のビジネスクラスのシートです。タイ航空がフルフラットシートを導入するまで主力となっていたシェル型のシートです。フルフラットにはできませんが、最大で170度までリクライニングが可能。

座席に座ると早速、おしぼりとウェルカムドリンクをCAの方が運んできてくれます。私はオレンジジュースを選択しました。

ビジネスクラスシート広さ

足を思い切り伸ばしても全然余裕があります。ちなみにスリッパは置いておらず、ANAのビジネスクラスに搭乗した際に配布されたスリッパを持参。

アメニティポーチ

4時間という短距離路線ですがアメニティポーチが置いてあります。これは嬉しかったですね。

ポーチはマンダリナ・ダックというイタリアの革製品やスーツケースで有名なブランド。中身は歯ブラシ、コーム、リップクリーム、ハンドクリームと基本的なアメニティが入っていました。

タイ航空ビジネスクラスの機内食

ビジネスクラス機内食メニュー表

出発前にCAの方が来て、料理と飲み物のリクエストを聞きにきます。デンパサール-バンコク路線は3つの料理の中から選ぶことができます。私は辛い食べ物が苦手なのでタイ料理は避けて牛肩肉の燻製を選択しました。

ナッツとドライフルーツ

飛行機が離陸し、ベルト着用サインが消えるとナッツが配られます。ナッツは冷たかったですが、ドライフルーツも入っていて美味しかったです。

ヴーヴ・クリコブリュット

シャンパンも届きました。銘柄はヴーヴ・クリコ・ブリュット。タイ航空の良い点はなんといってもシャンパンをフルートグラスに入れてくれることだと思います。フルートグラスで飲むだけで1.5倍増しでリッチな気分を味わうことができますよ笑

グラスからシャンパンが減ると、CAの方がすかさずシャンパンボトルを持ってきて注いでくれます。

ビジネスクラス機内食

シャンパンを楽しんでいると機内食が届きました。デンパサール→バンコク線は短距離路線のため、ワンプレートでの料理提供です。

メインの牛肩肉ですが、ステーキをイメージして注文したつもりがチャーシューっぽいものが出てきてちょっと残念でした。洋食のイメージでしたが、広東料理のようです。

サラダとブレッドはおいしかったです。特にガーリックトーストがシャンパンとの組み合わせが最高でした。

ただ、短距離路線ということもあり、機内食の量は少なめ。まぁ、今回はバンコクでトランジットの時間があるので、タイ航空のラウンジでお腹を満たせればそれでOKです。

デザート

料理が終了するとデザートタイムです。ココナッツミルクをベースに作られたムースのようなスイーツでした。

チーズなど

私はまだシャンパンを少し楽しみたかったので、デザートとチーズとフルーツの盛り合わせを追加でお願いしました。

食後のコーヒー

食後にコーヒーを注文し、優雅なティータイムを楽しみ、これにて機内食は終了。

機内食終了後に配布されたミネラルウォーター

機内食が終了すると一人一人にミネラルウォーターが配られました。

シートを倒し、キンドルに保存しておいたビジネス書を読んでいるとあっという間にバンコクに到着です。

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食・アルコール・シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使い放題できます。

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約70,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約70,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円も支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン ・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうやカフェラウンジNODOKAなど空港内にある施設を無料で利用できる点も魅力的!

これから夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなし!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約70,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・セゾンプレミアムレストランby接待日和が無料(通常:33,000円)

・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

 

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!
\初年度年会費無料/

B747のビジネスクラスはやっぱり快適だった!

タイ航空飛行機

今回は生まれて初めてジャンボジェット機に搭乗しました。やはり中型機に比べて振動が少なく、本当に飛行機に乗っているのかと思うぐらい安定感抜群です。ここまで安定感の高いフライトに搭乗したのは初めてでした。

ジャンボジェット機を現役で利用している航空会社は年々縮小しているので、ジャンボジェットに乗ってみたい!という方はぜひタイ航空を利用してみてください。

ちなみに毎日、羽田空港からバンコクまでタイ航空のB747が運行しており、マイルを使った特典航空券も予約することが可能なのでぜひ搭乗してみてくださいね!

合わせて読みたい記事はコチラ