※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年版】ルメリディアンクアラルンプールのプラチナ特典・クラブラウンジ・朝食・客室

クアラルンプールの中でコスパ良く、ワンランク上のホテルステイを楽しめるルメリディアンクアラルンプール。

今回は2024年に実際宿泊したときの様子を詳しくブログレビューしていきます。

プラチナ特典・クラブラウンジ・朝食・客室の様子を一挙にレビューしていくのでぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

マイルの覇王運営者 Yusukeの顔写真

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上
  • Yusukeのプロフィールはこちら
  • Xにて旅のお得情報・ホテル情報を毎日発信中!

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジが無料

初年度年会費無料!

ルメリディアンクアラルンプールにチェックイン

クアラルンプール国際空港から空港鉄道で40分ほどでホテル最寄りのKL CENTRAL駅に到着。

ホテルは駅直結なのでスムーズに向かえます。

ルメリディアンクアラルンプールは世界でも稀に見るユニークなホテルで、ホテルのお隣がヒルトンクアラルンプールです。

プールエリアなど、一部エリアはホテル同士が繋がっており、双方のホテルに行き来が可能。

ヒルトンクアラルンプールの宿泊レビューは下記記事で詳しくご紹介しています。

関連記事>>ヒルトンクアラルンプール宿泊記|デラックスルームのお部屋やプールを徹底レビュー

ルメリディアンクアラルンプールのプラチナ特典

ルメリディアンクアラルンプールのプラチナエリート会員特典は下記の通りです。

・お部屋のアップグレード(お部屋の空き状況による)
・16時までのレイトチェックアウト
・エグゼクティブラウンジの入室が無料(スナックタイム/カクテルタイム/朝食あり)
・ホテルギフト(1000Pまたは朝食)

ルメリディアンクアラルンプールにはクラブラウンジが併設されており、マリオットプラチナエリート会員以上の方であれば無料で利用できます。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ルメリディアンクアラルンプールのスタンダードルーム

今回アサインされたお部屋は高層階のスタンダードルーム。

お部屋の広さは30m2とクアラルンプール内の高級ホテルと比較すると、ややこじんまりとした広さ。

一人では十分な広さですが、子連れの方には狭さを感じる空間です。

ベッドはクイーンサイズほどの大きさ。

硬すぎず柔らかすぎず絶妙な硬さで熟睡できました。

お部屋からの眺望はこんな感じ。

自然が多く、東南アジアらしい眺望を楽しめます。

明かりや室内の温度管理はタッチパネル一つで可能。

カーテンは手動です。

一人がけ用のソファ。

冷蔵庫の中は空っぽ。

無料のコーヒーとティーバッグ。

コーヒーマシーンの設置はなく、スティック状のインスタントコーヒー。

紅茶はセントレジスクアラルンプールの客室同様に、HARNEY & SONS(ハーニーアンドサンズ)。

クラブラウンジに置かれているタイプよりもランクの低いものが置かれていました。

バスルームは白を基調とした清潔感のあるデザイン。

狭さはやや感じるものの、機能的な空間です。

基礎アメニティは歯ブラシ、髭剃り、マウスウォッシュなど最低限のものが揃っています。

浴槽は日本人好みの深めの作りで肩までゆったりとお湯に浸かれます。
ちなみに、バスソルトの配布はしていないので、ゆっくりバスタイムを楽しみたい方はバスソルトを持参されることをおすすめします。

バスルームはビューバス仕様になっているので、日中は高層階からボタニカルビューを楽しめます。

シャワーはヘッドタイプとレインタイプの2種類。

バスアメニティはルメリディアン共通のMALIN + GOETZ。

クセのない香りで男性・女性問わず使いやすいバスアメニティです。

トイレはウォシュレット機能はなし。

パジャマの用意はなく、バスローブのみ。

薄手の生地でサラッと着やすかったです。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ルメリディアンクアラルンプールのクラブラウンジ

マリオットプラチナエリート会員以上やクラブラウンジ付きのプランを予約された方はホテル33階にあるクラブラウンジへアクセスできます。

営業時間は6:30~22:30です。

クラブラウンジ内の様子

クラブラウンジはかなりゆったりとした作り。

座席数も多く、席の間隔もゆとりがあるため、のんびりとした時間を過ごせます。

天井は吹き抜けになっており、開放感抜群です!

ラウンジはホテル内の33階に位置していることもあり、眺望も抜群。

中央にあるビュッフェカウンター。

冷蔵庫にあるソフトドリンクは1日中飲み放題。

瓶に入ったマンゴージュースが個人的に至高のジュースでした◎

アルコールはカクテルタイムのみの提供です。

アルコールの種類については撮影し忘れてしまったのですが、赤・白・スパークリングワイン、ビールにリキュール類など種類豊富でした。

マレーシアはイスラム教国家ということもあり、アルコールの価格が高いのでラウンジ内で飲み放題なのはお財布に優しいですね。

紅茶はアメリカ・ニューヨークに本店があるティーブランド、ハーニー&サンズ。

定番のイングリッシュブレックファーストや日本の煎茶、カモミールティーなどの4種類のティーバッグが用意されていました。

スナックタイム

ルメリディアンクアラルンプールのクラブラウンジにはアフタヌーンティーは設けられていません。

その代わり、朝食の時間が終了後、カクテルタイムまでの間、スナックタイムとして、ソフトドリンク、カットフルーツ、2〜3種類のケーキ、クッキーなどが用意されています。

フルーツはメロン、スイカ、パイナップル、りんご、オレンジなど。

1日目のケーキはブラウニーと抹茶ケーキ。

どちらもおいしかったです。

2日目はバウムクーヘンにチーズケーキでした。

カクテルタイム

カクテルタイムは18:30~20:30と遅めのスタート。

お肉系の料理は少なめでお野菜中心のメニューが並びます。

ビュッフェ台にはコールドミール系が並びます。

チーズなどを混ぜた創作系のサラダたち。

グリル野菜。

チーズ。

フィンガーフード。

ベジタブルパイにベジタブルマフィン。

ホットミールは3種類。

カレー3点セットのようなもの。

どれもスパイスが効いた本格的なカレーでかなり辛かったです。

辛いのが苦手な方は食べられないかも。

フルーツやケーキなど。

朝食

朝食はクラブラウンジでいただきます。

クラブラウンジの朝食ということもあり、料理のラインナップは少なめ。

プラチナエリート会員以上の特典で朝食を選択された方は、クラブラウンジの朝食もしくは1階の朝食会場のビュッフェ両方を楽しめます。

 

パンのラインナップは少なめ。

マフィン。

グルテンフリーのパン。

エッグステーションではオムレツや目玉焼きなどを目の前で作っていただけます。

スモークサーモン。

スモークチキンなど。

東南アジア風の焼きそば。

カレー。

マレーシア料理。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ルメリディアンクアラルンプールの朝食ビュッフェ

朝食ビュッフェの会場はホテル1階にある「Latest Recipe」にて。

朝食の営業時間は平日が06:30 ~ 10:30。休日が06:30 ~ 11:00となっています。

クラブラウンジの朝食と比較するとメニューの量が圧倒的に多いので、こちらで朝食を楽しむ方が満足度は高いですよ。

店内の雰囲気はこんな感じ。

朝から騒がしい場所で朝食を摂りたくないといった場合はクラブラウンジでの朝食がおすすめです。

コールドミールコーナー

創作系のサラダ。

チーズ。

スモークサーモン、ハム、鴨ローストなど。

東南アジアのお菓子。

東南アジアらしく、フルーツの種類も豊富。

スイカ、メロン、ドラゴンフルーツ、パイナップルなど。

チョコレート、ストロベリーのプリンに、色々なフルーツ系のヨーグルト。

SUSHIもあります。

きのこを海苔で包まれているSUSHIは初めて見ました(笑)

梅干しや卵焼きなどもあります。

日本食が恋しくなっても安心ですね。

ホットミールコーナー

ホットミールコーナーには洋食・中華・インド料理・マレー料理と多国籍料理が並びます。

エッグステーションもあり、出来立てのオムレツや目玉焼きを作っていただけます。

ヌードルステーション。

肉まんやシュウマイなどの点心の数々。

骨付きのローストチキンとチキンソーセージ。

ソーセージはやっぱりポークが美味しいですね。

ピックアップしてきた料理

色々とピックアップしてきました。

品数の量が非常に多いので、どれを食べて良いか迷ってしまうほど。

どのお料理も美味しく楽しめました。特に骨付きのローストチキンは絶品でした!

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ルメリディアンクアラルンプールの各種施設

最後にルメリディアンクアラルンプールの各種施設について見ていきます。

プールエリア

プールエリアはヒルトンクアラルンプールと共用エリアになっており、かなり広い作りになっています。

至るところにヤシの木があり、東南アジアを肌で感じられます。

ホテルのプールとしては珍しく、子供が喜びそうなスライダーも用意されています。

また、プールで泳げない小さいお子さん向けの浅瀬のプールもあり、子連れ旅行にはぴったり。

デトックスウォーターやタオルに関しては無料です。

フィットネスエリア

24時間利用可能なジム。

かなり広々としています。

有酸素運動のマシーンからウェイトトレーニング用のマシーンまで豊富に揃っているので、ホテル滞在中でも満足のいくトレーニングができますよ。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ルメリディアンクアラルンプールのアクセス

ルメリディアンクアラルンプールの最寄りはKL CENTRAL。

クアラルンプール国際空港へ向かう空港鉄道の終着点であるので観光の拠点に適しています。

駅からホテルまでは直結しており、駅構内を10分程度歩くとホテルへ到着します。
駅構内の天井には所々、ホテルへの道順が示してあるので比較的迷子になることなくホテルへ向かえますよ。

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食・アルコール・シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使い放題できます。

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約70,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約70,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円も支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
・肉料理 やきすき やんま(3,400円相当のセットメニュー)
・Japanese Grill & Craft Beer | TATSU(3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン ・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうやカフェラウンジNODOKAなど空港内にある施設を無料で利用できる点も魅力的!

これから夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなし!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

プライオリティパス付きのクレジットカード比較表

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約70,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・オントレ entréeが無料
・セゾンプレミアムレストランby接待日和が無料(通常:33,000円)

・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・一休ダイヤモンド会員が半年間無料
・セゾンプレミアムセレクション by クラブ・コンシェルジュが無料(入会金220,000円、年会費198,000円)

・コンシェルジュサービス

 

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔するクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額180万円以上の特典付き!
\初年度年会費無料/

ルメリディアンクアラルンプールはコスパ良く満足度のあるホテル!

ルメリディアンクアラルンプールは1泊1万円台から宿泊できる高級ホテルにもかかわらず、各設備が整っており、満足度が高いです。

マリオットプラチナエリート会員の方はクラブラウンジも堪能できるので、ホテルステイを楽しみたい方にぴったりです。

ぜひルメリディアンクアラルンプールでホテルステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。