※こちらのページはプロモーションを含みます。

Madi Paidi Bangkokのプラチナ特典・朝食・客室・プールエリアを徹底レビュー!

2023年9月にバンコク初となるオートグラフコレクションブランドとして誕生した、Madi Paidi Bangkok。

マリオットヘビーユーザーからの口コミや評判が高いことから、バンコク市内のマリオット系列のホテルでいま最も注目されているホテルの一つです。

今回はそんなMadi Paidi Bangkokのプラチナ特典・朝食・客室・プールエリアを一挙にブログレビューしていきます!

結論、泊まって後悔することなし!絶対泊まるべき居心地抜群のホテルでした。

この書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上
  • Yusukeのプロフィールはこちら

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジが無料
 初年度年会費無料

Madi Paidi Bangkokへチェックイン

バンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォンをあとにMadi Paidi Bangkokへ到着。

ホテル内はスモールラグジュアリーホテルといった感じ。

インテリアもモダンラグジュアリーな感じでグッド◎

チェックインは座って行います。

席に座っていると、モクテルと冷たいおしぼりが用意されました。

座ってゆったりした状況でチェックインできるのは良いですね。

スタッフの方の接客も素晴らしく、これからのホテルステイに期待が膨らみます。

やはりホスピタリティの溢れる接客を受けると気分が良いですね◎

Madi Paidi Bangkokのプラチナ特典

Madi Paidi Bangkokのプラチナ特典は下記の通りです。

プラチナエリート特典

・客室のアップグレード(客室の空き状況による)
・16時までのレイトチェックアウト(確約)
・2名まで朝食が無料
・1泊ごとに3杯までのソフトドリンク&アルコールand日変わりのカナッペ
・アライバルギフト(1000Pt or アルコールorドリンクandスナックカナッペ)

プラチナエリート会員だと、2名まで無条件で朝食が無料になります。
朝食はオーダー形式+ビュッフェ形式。
朝食のレポートは後述します。

今回のアライバルギフト特典はグラスワインとカナッペを選択。

グラスワインはすっきりとした飲み心地で飲みやすい赤ワインでした。

かなっぺはスモークサーモンや赤ワイン、ガバオなど、お酒のおつまみに最適なメニューが6品提供されます。

個人的にはアライバルギフトの中でお酒&カナッペの組み合わせが満足度高そう!

Madi Paidi Bangkokはクラブラウンジの用意はある?

結論、Madi Paidi Bangkokにはクラブラウンジの用意はありません。

その代替措置として、プラチナエリート以上の宿泊者には1泊ごとに、レストランでの3杯のアルコールまたはソフトドリンク+日替わりのカナッペの提供があります。

私が宿泊した際はドリンクのレパートリーはかなり制限されており、アルコールに関しては上記に記載されてあるカクテルのみ。

カクテルのリクエストやワインやビールなどは追加料金が発生するとのことでした。

レストランはこじんまりとしていますが、客室が50室程度しかないため、利用客は少なめ。

1泊目のカナッペとTHAI cultureというカクテル。

GIN FIZZ。

オールドファッション。

2泊目のカナッペ。

マリオット系列のクラブラウンジを体験したいという方は下記で詳しくレビューしています。
ぜひ参考にしてみてください。

関連記事>>【2024年版】バンコクマリオットスリウォンのクラブラウンジ訪問レビュー!

関連記事>>【2024年版】バンコクマリオットスクンビットクラブラウンジ訪問レビュー

関連記事>>【2024年版】マリオットマーキスクイーンズパークのクラブラウンジを徹底調査

Madi Paidi Bangkokのエメラルドスイートルーム

今回は一番スタンダードのお部屋を予約していましたが、SNA(スイートナイトアワード)が無事通過し、スイートルームへアップグレードされました!

ホテルは全9階。2階〜8階が客室となり、ホテル最上階にプールエリアとフィットネスエリアがあります。

オートグラフコレクションということもあり、お部屋までの廊下も凝ったデザイン。

リビングルーム

お部屋の広さは56m2。
マリオット系列のホテルのスイートルームとしては比較的小さめの作り。

お部屋のインテリアはアジアンテイスト+モダンラグジュアリーテイストといった感じ。

ウェルカムギフトとして、お菓子をいただきました。

直筆の手紙も嬉しいですね。

リビングルーム。
自然光が入ってきて、心地の良い空間です。

ロングのソファが用意されているため、テレビをみながらゆっくりとくつろげます。

眺望は人口の葉っぱで隠されており、全く期待できません。

ワンランクカテゴリーが下のサファイアルームからは東南アジアらしい眺望を楽しめます。

テレビはスマートテレビ非対応。

テレビ上でNetflixやYouTubeなどを楽しみたい場合は、自宅からChrom castなどの外部ツールの持参が必要です。

リモコンケースもかなり凝ったデザイン。

お部屋がエメラルドルームということもあり、緑の壁紙が特徴的。

ミニバーエリアにはネスプレッソマシーンや無料のティーバッグが用意されていました。

無料のミネラルウォーターは瓶タイプ。

持ち運びには不便ですね...

冷蔵庫の中には有料のドリンクが収納されています。

スイートルームでもミニバーメニューは全て有料です。

ボトルワイン。

ちなみに、サファイアルームのお部屋はこんな感じ。

お部屋の広さは30m2とコンパクトな作りです。

ベッドルーム

続いてはベッドルームです。

スリッパは強度の高いもので履き心地は良かったです。

無料のシューシャーインサービスもあります。

クローゼット。

バスローブはふんわりとした軽い着心地。

これまでバンコク市内で宿泊してきたマリオット系列の中で最も着心地が良かったです。

バスルーム

バスルーム全体はこんな感じ。

奥にシャワールームがあります。

シンクはダブルシンク。
友人や恋人と利用しても、シンクの取り合いにならないのが良いですね。

一つカテゴリーが下のサファイアルームのバスルームはこんな感じ。

バスタブはデザイン性のある大きめの作り。

お湯もすぐに貯まり、底が深いので肩までゆっくりと浸かれます。

バスタイムを楽しめるよう、ラベンダーの香りがするバスソルトも用意されています。

シャワーはヘッドタイプとレインタイプの2種類。

水圧は問題ありませんでした。

バスアメニティは「RITUAL」というタイのブランド。

アメニティボックス。

ドライヤーの風量は全く問題なし。

Madi Paidi Bangkokの朝食

続いて、Madi Paidi Bangkokの朝食を見ていきましょう。

朝食はホテル1階のレストランでいただきます。

Madi Paidi Bangkokの朝食はビュッフェ+オーダー形式のハーフビュッフェ。

ビュッフェメニュー

サラダコーナー。

スモークサーモンやハムなど。

スモークサーモンはやや生臭さがありました。

パンコーナー。

デニッシュ系のパンを中心に色々なパンが並びます。

ミューズリー。

バンコク市内のホテルでは珍しく、スパークリングワインも用意されています。

スパークリングワインで朝食をいただくなんて贅沢です!

銘柄はバンコクマリオットスリウォンのクラブラウンジで提供された銘柄と同じものでした。

オーダー形式メニュー

オムレツ。
中はプレーンでしたが、上質な卵を使っているとのことで、絶品でした。

付け合わせが彩り豊か。

エッグベネディクト。

オランデソースがかなり美味しい。
ポーチドエッグの

絶対に頼むべき一品だと思います。

 

スクランブルエッグ。

キヌアなどスーパーフードで構成されたフルーツサラダ。

フルーツの中にカットされたマンゴーがあるのは嬉しいところ。

パンケーキ。

フレンチトースト。
これまで甘さ控えめで絶品でした。

焼いたココナッツとの相性抜群です。

オーダー形式のメニュー表。
値段が記載されていますが、追加の料金は発生しません。

オーダー形式のメニューは、盛り付けも丁寧なので目でも楽しめます。
宿泊客が少ないからこそ、オーダーメニューのラインナップを充実させることができるだと思います。

一般的な高級ホテルだと、卵料理と麺料理ぐらいしかオーダー形式のメニューはありませんからね。

また、料理のクオリティは非常に高く、バンコクのマリオット系列のホテルの中でもトップレベルで満足度が高かったです。

ただし、タイ料理の提供はほとんどないため、朝食にタイ料理を食べたいという方はマリオットマーキスマリオットスクンビットの朝食をおすすめします。

Madi Paidi Bangkokの各種施設

最後にホテル内の館内施設を見ていきましょう。

フィットネスエリア

フィットネスエリアはコンパクトですが、有酸素運動からウェイト系のマシーンまで一式揃っているので内容は充実しています。

 

プールエリア

プールエリアはこじんまりとしていますが、木々に囲まれており、リラックスできる空間になっています。

THE大人のプールといった感じで個人的には好きです。

こちらのプールエリアでプラチナエリート以上の特典である、カクテル&ソフトドリンクの3杯andカナッペをいただくこともできます。」

Madi Paidi Bangkokの行き方

Madi Paidi Bangkokの最寄り駅はBTSトンロー駅。

徒歩で5分程度の距離に位置しています。
スワンナプーム国際空港からはタクシーまたはGrabで40分程度で到着です。

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食・アルコール・シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使い放題できます。

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約70,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約70,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円も支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン ・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうやカフェラウンジNODOKAなど空港内にある施設を無料で利用できる点も魅力的!

これから夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなし!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約70,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・セゾンプレミアムレストランby接待日和が無料(通常:33,000円)

・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

 

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!
\初年度年会費無料/

Madi Paidi Bangkokは宿泊する価値アリ!

今回はMadi Paidi Bangkokの宿泊レビューをお届けしてきました。

2023年9月にできたばかりということもあり、客室含め、館内全体は非常に清潔感があり、快適な時間を過ごせました。

まさにスモールラグジュアリーホテルという肩書きがふさわしいホテルだと思います。

またハード面だけでなく、スタッフの一人一人のホスピタリティが非常に高かったです。

マリオットポイントを活用すれば、無料宿泊も可能なので、ぜひ宿泊されてみてはいかがでしょうか。