※こちらのページはプロモーションを含みます。

【2024年】セントレジスクアラルンプール朝食ビュッフェをブログレビュー!

今回は2024年最新版のセントレジスクアラルンプールの朝食ビュッフェの内容をお届けしていきます。

定番の洋食メニューからセントレジスらしい豪華な食材を使ったメニューまで様々な料理が用意されており、大満足の朝食でした!

この書いた人

プロフィール顔画像

Yusuke

  • ホテルステイは年間70泊以上
  • ホテル予約サイトAgodaで120泊以上
  • これまで発行したクレジットカードは30枚以上
  • Yusukeのプロフィールはこちら

\旅行好き必見/

世界中の空港ラウンジが使い放題!
初年度年会費無料の最強クレカ!

セントレジスクアラルンプールの朝食基本情報

セントレジスクアラルンプールの朝食の基本情報は下記の通りです。

営業時間 6:30〜10:30
朝食会場 THE BRUSHERY
価格 大人:149RM(約4,000円)
子供(5歳~12歳):75RM(約2,000円)
4歳以下:無料
料理形式 ビュッフェ形式
エリート会員特典 プラチナエリート会員以上無料

セントレジスクアラルンプールの朝食は、マリオットボンヴォイプラチナエリート会員以上の方だと2名様まで無料でいただけます。

セントレジスクアラルンプールのプラチナ特典や客室の様子は下記記事で詳しく解説しています。

セントレジスクアラルンプールのプラチナ特典・客室をブログレビュー!

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

朝食会場は「THE BRUSHERY」

それではレストラン内に入っていきましょう。

私が利用したのは休日の午前9:00ごろ。

この時間帯はかなり混雑します!
場合によっては、廊下に用意された臨時のテーブルに案内される場合もあるので、なるべく早い時間帯に利用されることをおすすめします。

店内は天井が非常に高く開放的な空間。

また、セントレジスのレストランにふさわしい豪華絢爛な空間となっていて、非日常気分を存分に味わえます。

おすすめはソファ席!

ビュッフェ台と反対にあるため、人の移動も少なく、ゆっくりとした朝食の時間を過ごせます。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

朝食ビュッフェのラインナップ

それではここからセントレジスクアラルンプールの朝食の内容を見ていきましょう。

ホットミールコーナー

まずは定番のホットミールコーナーから。

カリカリベーコン、フライドトマトにソーセージはチキンとビーフの2種類。

クアラルンプールはイスラム教国家のため、豚肉を使った料理はあまり置かれていません。

日本のホテル朝食でいただけるようなソーセージと違い、パリッとジューシーな味わいはではないため、好みが分かれそう。

グリル野菜やポテトグラタンなど。

小さいキッシュにポーチドエッグ。

エッグステーションではシェフの方が目の前で出来立てのオムレツやエッグベネディクトを作ってくれます。

今回はオムレツとエッグベネディクトを選択。

オムレツは日本のラグジュアリーホテルでいただけるような、とろふわなオムレツではなく、しっかり中まで火の通ったタイプ。

油の量が多く、最後まで食べることができませんでした(泣)

エッグベネディクト。

エッグベネディクトの間に挟まれているはサーモン。
味自体は美味しかったのですが、肝心なオランデソースがやや少なめだったので、ちょっと物足りない感じがしました。

キッチカンターに置かれていた大きな肉の塊。

こちらはラム肉でした。
ラム肉特有の臭みが若干感じたので、好みが分かれそうなところ。

手前のグリル野菜は炭火で焼いているので、とっても美味しかったです◎

様々なスパイスを調合した香辛系料理も豊富。

ヌードルステーション。

フォーやラーメンなど好きな麺を選び、そのあと色々な具材をチョイスし、チキンスープもしくはラクサでいただきます。

色々な組み合わせができるのが嬉しい。

マレー系料理。

謎の揚げ物。

中華系の料理も何種類かありました。

あんまんとカスタードまん。

チキンを使ったシュウマイ。

インド系の料理の隣にちょこっと写っていますが、チャーハンや焼きそばなどもあります。

中華系の料理は日本人好みの味付けで非常においしかったです。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

コールドミールコーナー

続いてコールドミールコーナー。

フレッシュの野菜にお隣には、3種類の異なるスモークサーモン。

3種類ものスモークサーモンが用意されているホテルは初めて!

サーモンのビーツ漬け、サーモンのグラブラックス、スモークサーモンの3種類。

朝食を利用する際はぜひ食べ比べてみてくださいね!

フルーツはオレンジ、ぶどう、マスカット、パイナップル、パパイヤなど盛りだくさん。

東南アジアのホテルということもあり、フルーツのバリエーションは豊富です。

冷蔵ケースの中にはフルーツコンポートやヨーグルト、ミューズリーなどが用意されていました。

スーパーフードのシードやナッツ類も豊富に揃っています。

健康指向の方には嬉しいですね。

パンコーナー

最後にパンコーナーを見ていきましょう。

パンコーナーにはデニッシュ系のパンがずらり。

定番のクロワッサンやパンオショコラなどもあります。

肝心のお味は、とにかく甘い!!

表面に砂糖がコーティングされすぎていて、発酵バターの風味を飛ばしているような感じがしました。

パウンドケーキ、マフィンにキウイがのったカスタードデニッシュ。

個人的にカスタードデニッシュが朝食メニューの中で一番おいしかったです。

デニッシュ系のパンが苦手な方はバゲットやライ麦系のパンもあります。

トースターもあるのでこんがりと焼いて召し上がれ!

セントレジスのロゴのボックスに入ったジャム類。

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは!?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食やアルコール、シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使えます!

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約70,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約70,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円もお金を支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうなど空港レストランを利用できる点もポイントが高い!

これからゴールデンウィークや夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなしですよ!!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約70,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

 

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限に変更するため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!

セントレジスクアラルンプールの朝食は好みが分かれそう

今回はセントレジスクアラルンプールの朝食レビューをおとどけしてきました。

全体的に朝食のバリエーションは豊富で良かったのですが、味付けに関しては色々と好みが分かれそう。

ですが、セントレジスらしい豪華なレストランでいただく朝食は非日常を感じられるので利用する価値はアリ!

ぜひセントレジスクアラルンプールの朝食ビュッフェを利用してみてはいかがでしょうか。

併せて読みたい記事はこちら