※こちらのページはプロモーションを含みます。

羽田空港ANAラウンジ(国際線)第3ターミナル訪問レビュー【2024年】

今回は2024年版の羽田空港第3ターミナルのANAラウンジの訪問レビューをおとどけしていきます。

「ラウンジ内の様子はどんな感じ?」「提供されているアルコールや軽食は?」などなど、利用する前に気になるポイントを分かりやすく整理しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

※羽田空港国際線第2ターミナルのANAラウンジ訪問レビューはこちらの記事で徹底解説しています。

110番ゲートと114番ゲートのANAラウンジの違い

羽田空港にはANAラウンジが2箇所あり、それぞれ110番ゲート付近、114番ゲート付近の2箇所にあります。

それぞれの大きな違いは、営業時間。以下の表をご覧ください。

110番ゲート 114番ゲート
5:00~ANA運航最終便出発まで
5:00以前のスターアライアンス便を利用される場合、オープン時より前に入室可能
6:00~11:00

一方で114番ゲートの場合、営業時間が限定されています。お昼〜夜にかけて利用できません。これはかなり不便。

スターアライアンス便を利用する搭乗客がANAラウンジに一気に集中するわけですから、大混雑して当然です。

ちなみに、成田空港は2020年3月29日から3つ目のANAラウンジをオープンしました。ラウンジの内観はANA THE Roomを監修した隈研吾氏が行なったそうです。

ちなみに、2023年より本格的に稼働開始している羽田空港第2ターミナルのANA国際線ラウンジはこちらの記事で詳しくレビューしています。

羽田空港第2ターミナルのANA国際線ラウンジ内の様子

座席数が900もあり、圧巻のラウンジです。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ANAラウンジへのアクセス方法

anaラウンジアクセスマップ

ラウンジへのアクセス方法は簡単。

出国審査後、左に進むと114番ゲート付近にANAラウンジ。右に進むと110番ゲート付近にANAラウンジがあります。

出発ゲートがどこか分からなくても、上の標識を辿っていけば迷子にはなりませんよ。

ANAラウンジの標識

114番ゲート付近に到着すると、「航空会社ラウンジ」という標識があります。中に進むと、各航空会社のラウンジがどこにあるか分かります。

6Fには、羽田空港国際線のラウンジで最も評価が高いとされているキャセイパシフィック航空のラウンジがあります。
こちらのラウンジはJAL線に搭乗する場合でもアクセス権があれば利用できます。

エスカレーター

エスカレーターを昇ります。

ANAラウンジ入り口

エスカレーター右手にANAラウンジがあります。

\世界中の空港ラウンジがタダで使い放題!/

ANAラウンジの内部

AANラウンジ入り口2

さて、ラウンジの中に入っていきましょう。

左手がラウンジ、右手がシャワールームとなっています。シャワールームを利用されたい場合、受付にいるスタッフの方にお願いし、空きがあればそのまま利用できます。

114番ゲートのラウンジの場合、どの時間に訪問もしても基本的に待つことなく利用できますよ。

ラウンジ内観

110番ゲートのANAラウンジより開放感があります。にもかかわらず、全然混雑していない。これなら出発時間までリラックスして過ごせます。

一人掛けのソファ

座席は一人掛けのソファー席が大半を占めます。窓側には仕事に集中できるデスクワークも完備。

窓側の座席

おすすめは窓側の座席!離陸する飛行機や着陸する飛行機を眺めながら出発までのひとときを楽しめます。

続いて、ドリンクとフードを見ていきましょう。

ビールサーバー

ビールサーバーの銘柄はアサヒスーパードライと一番絞り

個人的にはプレモルを置いて欲しい。

ワインやリキュール類

ワインやリキュール類

シャンパン

P. Louis Martin Brut(ポール・ルイ・マルタン ブリュット)というスパークリングワイン。

市場にはほとんど出回っていることはないそう。今回は時間が無く試飲しませんでしたが、レビューを見ると、マスカットのような香りで、泡強めだそうです。

コーヒーマシーン
コーヒーマシーン。ワンタッチでブラックコーヒーやラテを作れます。

様々な種類のティーバッグ

様々な種類のティーバッグがズラリ

サラダ

お次はフード類を見ていきます。サラダの種類は豊富。かぼちゃのサラダが個人的には好きです。

クラッカーやチーズ

クラッカーやチーズなどもあります。

数量限定のパン

数量限定のパン

ヌードルバーのメニュー

ANAラウンジ名物のヌードルバー。

うどんやそば、ラーメンなどを注文できます。小腹が空いたときにぴったりの量で提供されるので、お腹が空いている人は様々なメニューを注文しても良いかも。

とろろわかめうどん

とろろわかめうどんを注文してみました。あっさりダシで食べやすく、食欲が湧いてくる味です。これはおいしい。

山菜うどん

一年ほど前、ANAラウンジを訪問した際に食べた山菜うどんです。とてもおいしかったのですが、メニューから消えていました。個人的には山菜うどんがANAラウンジのメニューで一番おいしいと思っていただけに、メニューから消されていて残念。

スパイシーチキンカレー

一番人気のスパイシーチキンカレーも食べてみました。

スパイスの効いたガチのカレーというより、家庭的な風味で、どこかなつかしい味わい。老若男女誰でも食べやすいカレーです。

また、ANAラウンジではシェフサービスを実施しており、羽田空港114番ゲートのANAラウンジ限定で、毎朝9:00~10:30まで「だし茶漬け」の提供があります。

無添加のだし汁と、三重県産のあおさ海苔を使ったこだわりの一品。トッピングは、梅、明太子、鮭から選べます。

シェフサービスのお茶漬け

今回はタイミングがよく、お茶漬けを食べられました。スタッフの方が丁寧に作ってくれます。

鮭茶漬け

今回は鮭茶漬を選択してみました。

優しいダシで、海苔の風味も香り高く、上品なお茶漬けでした。食欲が無い方でもあっという間に完食できます。海外に行く前に食べるのに最適な一杯でした。

午前便を利用される方は、早めに空港に到着してだし茶漬けを堪能してください。

ちなみに、成田空港のANAラウンジはシェフが目の前で「握り鮨」を提供しています。
以前、成田空港のANAラウンジを訪問した際に利用してみましたが、期待するほどではなかった...

また、羽田空港国際線ターミナルのカードラウンジをまとめている記事もあります。
年会費5,500円(税込)のクレジットカードの発行で利用できる、ビジネスクラスや航空会社の上級会員の方も利用するTIATラウンジについても詳しくまとめています。

\世界中の空港ラウンジが無料で使い放題/

シャワールームも利用してみた

この機会にシャワールームも利用してみることにしました。

シャワールームカードキー

受付のスタッフの方にシャワールームの利用の旨を伝えるとカードキーをもらえます。シャワールームにはカードキーをタッチして入室します。便利ですね。

ダークカラーを基調としたシャワールーム

シャワールーム内はダークカラーを基調としていてシックでおしゃれ。

歯ブラシや髭剃りなどのアメニティ

アメニティの種類も豊富。歯ブラシや髭剃りの用意もあります。また、雪肌精の化粧水や乳液の用意もあります。

ここまで、アメニティの種類が豊富なのは日本のラウンジぐらいでしょう。海外のラウンジのシャワールームなんて、逆にアメニティがあること自体珍しいですからね。

バスタオルやハンドタオル

バスタオルやハンドタオルはビニール袋に入った状態

簡易的なスリッパ

簡易的なスリッパの用意もあり

ダイソン社製のドライヤー

ドライヤーはダイソン社製のもの。使ってみたい方も多いのではないでしょうか?

使ってみて、髪の乾き度はやはり早い。

ですが、髪をセットするときにやや利用しづらい。ヘアサロンにあるような先の尖ったヘアドライヤーの方が使いやすい印象でした。

シャワールーム

シャワーはヘッドタイプとレインタイプ、さらにマッサージ用のシャワー付き。マッサージ用のシャワーは人生で一度も利用したことはありませんでしたが、使ってみるとハマッてしまいます。自宅のシャワーにも搭載したい。

ちなみに、マッサージ付きのシャワーは110番ゲートには設置されていません。

THANNのシャンプーやシャワージェル

バスアメニティはポンプ式。ブランドはタイの有名ブランドTHANN。柑橘系のアロマの香りがするもので、匂いにクセは無く誰でも利用しやすいアメニティでした。シャンプーの泡立ちもよかったです。

さすが、日本のラウンジ。清潔感やアメニティは世界ナンバーワンといっても過言ではないでしょう。

世界中の空港ラウンジを無料で使い放題できる方法とは?

成田空港ANAラウンジの入り口

軽食・アルコール・シャワールームが完備されており、搭乗開始時刻まで極上の時間を過ごせる空港ラウンジ。

そんな空港ラウンジですが、「プライオリティパス」という会員に入会すると、世界約1,300以上の空港ラウンジや空港レストランを無料で使い放題できます。

ただし、プライオリティパスラウンジを年間無制限で利用できる会員に入会するためには、約70,000円の年会費を支払わなければなりません....

庶民に約70,000円もする年会費なんて支払えない....

分かります....

しかし、私自身、昨年から利用しているプライオリティパスには1円も支払っていません。

なぜ、そんなことができるのか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの券面

それは、初年度年会費無料(通常:22,000円)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下 セゾンプラチナアメックス)を発行したからです!

プライオリティパスの料金体系

セゾンプラチナアメックスカードを発行すると、特典として年間無制限で空港ラウンジを利用できるプレステージ会員のプライオリティパスが無料付帯されます。

プライオリティパスを発行すると、例えば下記のようなラウンジをタダで利用できるようになります。

成田空港のANAラウンジで提供されているアルコール

関空ANAラウンジ

TIATLOUNGE内の様子
羽田空港TIAT LOUNGE

〜【日本国内】プライオリティパスで利用できる空港ラウンジ・空港レストラン〜

成田国際空港 ・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-

・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線) ・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン ・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線) ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港 ・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてぢゅう(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)

・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港 ・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡
鹿児島空港 ・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)

注目点として、ANAラウンジやKALラウンジなど、航空会社直営のラウンジもプライオリティパスを所有しているだけで利用できます。

また日本国内線の搭乗でも利用できる、ぼてじゅうやカフェラウンジNODOKAなど空港内にある施設を無料で利用できる点も魅力的!

これから夏休みシーズンが近づいてくるため、発行することで旅のクオリティが上がること間違いなし!

Yusuke

近年は国内線でも利用できるプライオリティパスの特典が増えているので、国内線メインで利用される方もプライオリティパスの恩恵を十分受け取れます!

参考として、プライオリティパスを発行できるクレカの比較表を作成してみました。

やはりセゾンプラチナアメックスは他社のクレカと比較しても魅力的なカードと断言できます。

また、セゾンプラチナアメックスカードは下記のような魅力的な特典も無料で付帯されます。

・初年度年会費無料
・プライオリティパスが無料(通常:約70,000円)
・国内空港ラウンジ無料
・タブレットホテル(通常:9,900円)
・JALマイルの還元率が1.125%
・最高1億円の海外旅行保険付帯
・セゾンプレミアムレストランby接待日和が無料(通常:33,000円)

・月額132,000円の「N2 THE Cycle」が半年間無料(通常:79.2万円)
・コンシェルジュサービス

 

Yusuke

とりあえずカードを発行して、1年以内の解約も全然OK!

楽天プレミアムカードを既に所有している方は、2025年より年5回までの利用制限になるため、カードの切り替えもおすすめ。

セゾンプラチナアメックスはビジネスカードという位置付けですが、サラリーマンやフリーランスの方でもお申し込みできるのでご安心ください。

Yusuke

私は年収300万円程度のときにセゾンプラチナの申し込みを行い審査通過。

プラチナカードは審査難易度が高そうに思えますが通過率は高いのかもしれません。

旅好きにとって、セゾンプラチナアメックスは間違いなく発行しないと絶対に後悔してしまうクレカでしょう。

初年度年会費無料キャンペーンは突然終了するリスクもあるため、気になる方は申し込んで損なし!

初年度年会費無料(通常:22,000円)キャンペーンが終了する前にセゾンプラチナアメックスを発行して、ワンランク上の旅を楽しみましょう!

 \総額100万円以上の特典付き!
\初年度年会費無料/

羽田空港国際線のANAラウンジは114番ゲート付近のラウンジを訪問しよう

ANAラウンジに置かれている時刻表

今回は、羽田空港国際線のANAラウンジの訪問記をお届けしてきました。

一言、114番ゲート付近のANAラウンジは快適すぎる!

110番ゲート付近のANAラウンジに比べて、混雑していないので、出発時刻までゆっくり過ごせて、タイミングが良いと絶品のお茶漬けを食べられてもう最高です!!

この後、ANAの最新ビジネスクラスThe Roomに搭乗してロンドン・ヒースロー空港へ向かいました。

The roomの搭乗レビューはこちら。